top of page
  • 角川治療室 角川徳寿

頭痛でお悩みではありませんか?痛み止めを飲んでその場をしのいではいませんか?痛みは筋肉の緊張が原因で発症している場合も多いのです


頭痛は時を選ばず突然起こるとても不快な症状で、ほとんどの方は鎮痛剤で症状を抑える。

とうとういわゆる対処療法を行っていると思われます

原因は肩こりや、過労、睡眠不足、女性は婦人科も関係している場合があります

また、自律神経の不安定、気圧・気温の変化などで症状が起きる場合もあります

ですから原因を特定することは大切です



慢性的に頭痛になる方は脳に何か異常があるかも知れないということで

脳外科等で検査をしていただいても異常が見受けられず、筋肉の緊張を和らげる薬などを処方されているというケースもありました

痛みがあると薬を飲み、または痛みが出る前にあらかじめ飲んでおくといった具合です




筋肉の異常を考えてみましょう

首を左右に向けてどちらかに、つまり感があったり、回りずらいといった状態ではありませんか?

これは胸鎖乳突筋が正常に機能していない可能性があり、頭痛ともかかわりが深い筋肉です






上下に向けて違和感、痛み、つまり感などがあった場合には

後頭下筋群の過緊張も考えられます

後頭骨の直下を指で押してみて痛み・硬さがあったり左右の硬さが違っていたりしませんか?

ここが原因になっているかも知れません










虫歯があったり、習慣で片側だけで食べ物を噛んでいることはありませんか?

これは耳の直上にある側頭筋という筋肉が緊張を起こし、痛みを引き起こしているというケースです

この場合は片側で噛む習慣を改善すれば症状が治まる事もあります






このように頭蓋骨と繋がっている筋肉の緊張によって引き起こされる頭痛も少なくありません

当治療室はこういった筋肉の過緊張を取り除くことで頭痛の症状の緩和をいたします

過労からくる場合は高気圧酸素BOX

筋緊張の強い場合は超音波治療器

を使用する場合もあります



辛い頭痛を解消して快適な毎日を過ごしてください

当治療室がお手伝いいたします




閲覧数:2回0件のコメント
bottom of page